住宅にとって重要なC値!どんな数値??

みなさん、こんにちは!

営業の志村です。本日は住宅用語に関する記事になります。

家を建てる際に非常に重要な用語になりますので、

ぜひ最後まで読んでください!

 

みなさんは『』という言葉を知っているでしょうか。

聞きなれない言葉ですよね。

 

 

C値は『隙間相当面積』と言われています。

家にどのくらいの隙間があるのかを示している数値になります。

この数値が低ければ低いほど

家の気密性が良いということになります。

住宅を建てる際に気密検査というものを行い、

その数値を測定致します。

 

1.0を下回れば良い気密性能を持っていると言われます。

相馬工務店では高気密高断熱の住宅を提供しており、

最近の気密検査の数値は0.44でした。

もちろん、お客様の住宅1棟1棟検査を致します。

C値が良いと日々生活する際のランニングコストにダイレクトに跳ね返ります。

一生に一度のお買い物と言われる住宅。住むなら暖かいお家がいいですよね。

 

 

その機器で測定を致します。

1.0を下回れば良い気密性能を持っていると言われます。

相馬工務店では高気密高断熱の住宅を提供しており、

最近の気密検査の数値は0.44でした。

もちろん、お客様の住宅1棟1棟検査を致します。

C値が良いと日々生活する際のランニングコストにダイレクトに跳ね返ります。

一生に一度のお買い物と言われる住宅。住むなら暖かいお家がいいですよね。

 

C値を出すためには、上記にもあるように「気密測定」

という現場での検査を行う必要がありますが、

ハウスメーカーによってはこの検査が実施されていないメーカーもあるそうです。

これに関しては、1棟1棟C値は変わりますので、

自分が住む性能を把握できるように気密検査を実施しているメーカーを選択しましょう!!