【耐久性】で家族を守ります

こんにちは!営業の志村です。

本日は弊社で建てている建物【スーパーウォール】の特徴についてです

皆さんにもぜひ知って頂きたいので少しずつですが、記事にしていきたいと思います!

今日はスーパーウォールの耐久性についてです。良ければ最後まで見ていってください。

 

 

家は建てて終わりではありません。何十年と住み続けてくのが住宅です。

時間が経つに連れて建物も当然老朽化していきます。これはどの建物でも同じです。

ただ、家を建てる際に使用する素材に、何を選ぶかで劣化の加減を変えることはできます。

 

 

家をダメにしてしまう原因は様々ありますが、その原因の一つが、「湿気」です。

窓に結露が発生してカーテンにカビが生えてしまったことはありますか。

水分がカビを発生させたり部材を腐らせてしまう原因になっているのです。

つまり、湿気の影響を受けないようにすることが、住宅の耐久力を上げるカギになります。

どの素材も大事ですが、その中でも特に断熱材の耐湿性が大事になってきます。

スーパーウォールはパネルそのものが断熱材になっており、

硬質ウレタンフォームというもので形成されています。

このウレタンフォームは水を通さない性質があり、壁の内部結露を抑えることができます。

また、通常使われる断熱材のグラスウールよりも2倍の断熱性能があり、

住まいの耐久力向上に効果を発揮します。

耐久性、耐湿性にも優れており、湿気によるカビの発生なども抑えることができます。

 

 

また、硬質ウレタンフォームは2種類の液体を配合させ、

化学反応を起こし作っている発泡体です。

一見単純な配合かと思いますが、良品を生成するには

複雑な条件の下で配合をする必要があります。

そのため、現場での吹付ではなく工場での生産をしております。

 

家が建ってしまうと、構造の部分までは見ることができませんよね。

細部にこだわって施工をするのがスーパーウォールです。

少しでも参考になったら幸いです!!

 

 

(有)相馬工務店

電話番号 :0466-82-1836

ホームページ: http://somakoumuten.jp/