【耐震等級】って?どのくらい耐えられるの??

こんばんは!営業の志村です。

本日も住宅の基礎知識についてです!

良ければ最後まで見ていってください!

 

 

【耐震等級】ってなんですか?

耐震等級とは、法律で定められた事項を基準に、

住宅の性能を評価する「住宅性能表示制度」というものがあります。

文字通り住宅の性能を表示している制度になります。様々な性能が表示されていますが、

性能の中に「耐震性」という項目があり、耐震性は耐震等級1~3で評価されています。

3段階評価で、耐震等級3が一番良い数値ですね!!

 

それぞれの耐震等級がどのくらいの性能か気になるところですよね。

耐震等級1は、数100年に1度程度発生する地震(震度6強~7程度)による力に対して、人命が損なわれるような倒壊や崩壊をしない程度の耐震性がある。

これが耐震等級1の性能になります。

等級2はその1.25倍の力に対して、

等級3はその1.5倍の力に対して、

倒壊、崩壊しない程度の耐震性を備えているという評価となっています。

 

 

お家は買って終わりではありません。20年、30年と住み続けていくものです。

長い期間で何があるかはわかりません。もしもの時の備えを考えたときに、

住むのであれば耐震等級が高い方が安心できますよね!

 

相馬工務店でも耐震等級3の建物を建てることができます。

この機会に耐震についても考えてみませんか?

ご相談も無料で承っております!!

 

(有)相馬工務店

電話番号 :0466-82-1836

ホームページ: http://somakoumuten.jp/