光熱費は35年後以降も!【省エネ・創エネ】

こんにちは!営業の志村です。

本日は弊社で建てている建物【スーパーウォール】の特徴についてです

皆さんにもぜひ知って頂きたいので少しずつですが、記事にしていきたいと思います!

今日はスーパーウォールの省エネと創エネについてです。良ければ最後まで見ていってください。

 

知っていますか?

国の省エネルギー施策では

2020年までにZEHを標準的な住宅にすることを目標として掲げています。

ZEHとは、『消費するエネルギーよりも家庭で生み出すエネルギーの割合を高くする』

という建物です。

 

 

分かりやすく言うと、

一日の消費エネルギーが100だとすると、

家庭で100以上のエネルギーを生み出すことができる建物ということです。

もちろんそれを達成するためには

分子である消費エネルギーを減らさなければいけませんし、

分母であるエネルギーを生み出さなければいけません。

省エネで削減をして、創エネで自分たちでエネルギーを作る。

これから求められるのは『省エネ+創エネ』による0エネルギー住宅なのです。

 

 

車で考えてみて下さい。

ガソリン自動車が当たり前な時代から、

電気とガソリン両方を使用するハイブリッド車が出て、

今や電気自動車が普及してきています。

時が経つに連れて求められているものが変わっていくのです。

 

 

住宅も同じです。

国の施策でもあるようにこれからの住宅はZEHです。

スーパーウォールの建物はZEH住宅として建てることができます。

HEMSという使用エネルギーが見られる機器を設置することで

毎日のエネルギー量が分かり省エネへの取り組み方が変わりますし、

実際に年間で13万円以上水道・光熱費を削減できたというデータもあります。

これも住宅を建てる際の初期設定ですべてが決まります。

ZEHをご検討の方はぜひ参考にしていただければと思います!

 

(有)相馬工務店

電話番号 :0466-82-1836

ホームページ: http://somakoumuten.jp/