いつ起こるか分からない【災害への備え】

 

こんにちは!営業の志村です。

本日は弊社で建てている建物【スーパーウォール】の特徴についてです

皆さんにもぜひ知って頂きたいので少しずつですが、記事にしていきたいと思います!

今日はスーパーウォールの災害についてです。良ければ最後まで見ていってください。

 

 

今回は、いつ起こるかわからない『災害』についてです。

最近では大きな地震の発生や台風などによる災害が増えています。

ご家族や財産を守るためには災害に備えた家づくりをする必要があり、

それを行うには家を建ててからでは遅くなってしまいます。

失敗しない家づくりのためにも読んでいただければと思います!

 

従来の木造住宅は斜めに筋交いという木材を入れて耐震をしていましたが、

スーパーウォールは地震の揺れを最小限に抑える

制震のスーパーウォールパネルを採用しております。

このパネルをはめ込むようにして施工を行っているので、

建物の一部に負荷がかかることなく家全体で揺れを抑えることができます。

 

パネルにも制震テープがついており、構造パネル自体に制震機能が加わっているので、

大きな揺れに対しても耐久力のある住宅を実現することができます。

もちろん、耐震等級も3を取得することも可能です。

 

地震大国である日本において、様々な大地震が発生する中で、

耐震性能に優れているスーパーウォールの家は、

お住まい頂いているご家族の暮らしを守ってきました。

サイコロのような6面体で外部からの圧力にも強いというのが特徴です。

この構造をモノコック構造といい、航空機や自動車の技術を発達した構造になっております。

 

 

いつ起こるのか分からない災害への備え、建ててからでは遅いです。

ぜひ建ってからでは見えない部分である『構造』から考えてはみませんか?

少しでも参考にしていただけていれば幸いです!

 

(有)相馬工務店

電話番号 :0466-82-1836

ホームページ: http://somakoumuten.jp/