【交通事故よりも怖いヒートショック】

【交通事故よりも怖いヒートショック】

皆さんこんばんは!営業の志村です。

今日はヒートショックという言葉について

皆さんにご説明できればと思います!!

 

皆さんは「ヒートショック」という言葉は聞いたことがありますか?

ヒートショックとは、

温度の急激な変化によって

血圧が大きく変動することにより失神したり、

心筋梗塞や脳梗塞を起こすこと

これをヒートショックと呼んでいます。

 

急激な温度変化。

この言葉を聞いてあまり実感はなかったのですが、

冬場を想像してみてください。

リビングから廊下に出たり

脱衣所などに向かったときに

「さむっ!」

と思ったことはありませんか?

 

例えば、リビングから脱衣所に向かい、服を脱いで

寒いと思いながらお風呂に入り、暖かいお湯に浸かる。

一連の動作かもしれませんが、

ここにヒートショックになる要因があります。

毎日行っていることでも亡くなってしまうリスクがあるんですね。。。

 

 

実はこのヒートショックは、

一年間で発生する交通事故の死亡事故よりも件数が多い

というデータもあります。

特に心臓や血管の弱った高齢者に起こりやすいといわれていますので、

注意が必要ですね。

 

ではこうならないためにどうすればいいのでしょうか。

いくつか方法はあります。

1.暖房を入れる箇所を家全体にする。

2.身体を徐々に暖めてから入浴をする。

3.外の冷気を入れないようにして温度差を無くす。

 

このようなことが挙げられますが、

実際にはどうでしょうか。

家全体に暖房を入れると光熱費が非常に高くなってしまいますし、

入る前に身体を徐々に暖めるというのも寒い中では限界があります。

 

 

私たちが協力できる範囲であると、外の冷気を入れないようにする

というのが可能です。

 

スーパーウォール工法という

高気密高断熱の新築住宅がございます。

外の冷気を入れないようにし、

部屋と部屋の温度差も最小限に抑えることができます!

 

5/9(土)・5/10(日)藤沢市善行で、

構造見学会を開催致します!!

 

今現在新築をご検討している方には、

是非一度ご覧いただきたいです!!

 

 

 

(有)相馬工務店

電話番号 :0466-82-1836

ホームページ: http://somakoumuten.jp/