高性能住宅 スーパーウォール

【スーパーウォールの特徴】

 

こんにちは!営業の志村です。

本日は弊社で建てている建物【】の特徴についてです!

 

・そもそもスーパーウォールって?

スーパーウォール自体は工法というよりも、

気密性と断熱性に特化して商品化された断熱材です。

この断熱材を使って建てる家のことを『スーパーウォール』といいます。

 

スーパーウォールは、上記にもあるように『高気密』『高断熱』『高耐震構造』など、

さまざまな優れた特徴を持った建物です。

高気密・高断熱で、外気の影響を受けにくいので、

夏は少しの冷房で快適に過ごすことができ、冬は暖房の熱が室外に逃げるのを抑えるので、

省エネにもつながる近未来型の高性能住宅です。

もちろん他にも優れた特徴はありますが、

今回は『気密性』についてお話しできればと思います。

 

 

さて、なぜ『気密性』が大事なのかというと、

簡単に言うと隙間から熱が逃げないようにするためです。

隙間から風が入ってきて建物全体が寒くなってしまう。

寒くなる分、暖房を強めに利かせて部屋を暖かくしようとします。

光熱費は多くかかるし、乾燥をしている風は肌にも悪影響です。

また、頭に暖かい風を受け続けると、ボーっとしてしまうことはないですか?

作業効率の低下にもつながるのです。

こうならないためにも気密性を重視し、スーパーウォールにより高気密を実現しております。

建物というのは購入をして終わりではなく、何十年も住み続けていくものです。

住んでいる間払い続けなければいけない光熱費をはじめ、

より良い住環境で生活するには初期設定ですべて決まります。

 

家づくりをお考えの方はぜひとも参考にしてみてください!

 

 

関連記事